みなさんこんにちは。COSMO FEST Tokyo 実行委員の橋原です。

2012年12月15日、約一年かけて明治大学ジトウィッツゼミで企画してきた「COSMO FEST Tokyo 2012」が無事に終了致しました。

ご来場してくださった全てのお客様に感謝の意をお伝えしたいと思います。

 

素晴らしい映画達を、UPLINKという最高の映画館で存分に楽しんで頂けたでしょうか?

僕たちの、この企画を通して「世界と日本の映画を繋げたい」という気持ちを少しでも感じて頂けたでしょうか?

「来て良かった」「面白かった」そう思って頂けていたなら、こんなに幸せなことはありません。

 

この映画祭は、本当に多くの方々に支えられてきました。

僕たちは、大学のゼミという枠の中から飛び出して、面白い事をしよう!とやっきになっていましたが、

この映画祭を無事に終える事が出来たのは間違いなく支えてくれた大勢の方々や、そして僕たちの映画祭に応募してくれた多くの映画監督の方々のおかげだと痛烈に感じています。

人と人が繋がった時に作り出される圧倒的なエネルギーや、芸術が生み出すパワーというのは本当に凄い物なのだと改めて深く理解致しました。

 

改めて、ご協力して下さった

ゲストで来て頂いた大九明子監督、元村直樹先生

協賛いただいた企業の方々

翻訳などに協力して頂いた明治大学の方々

AVANCA映画祭、CANNES映画祭の方々

UPLINK様

そして大切な作品を僕たちに応募してくれた映画監督の皆様

本当に本当に本当に、ありがとうございました!!!

 

来年度もCOSMO FEST Tokyo 開催予定です!

僕たちの下の代のゼミ生が、さらなる飛躍を目指して頑張ります。

また皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!

ありがとうございました!

 

当日、第二部は満員御礼でした!

各映画について、自主制作映画についての トークセッションの様子。僕は前で写真を撮りながら楽しませて頂きました。

学生部門最優秀賞、「あるロボットの話」三原彗悟監督(慶応大学)  おめでとうこざいました!大九監督ありがとうございました!

一般部門最優秀賞、「心中奇譚」 平田健監督(映像制作集団PlanB) おめでとうございました!元村先生ありがとうございました!

COSMO賞を獲得した「Mr CM」の 文晟 豪監督。 おめでとうございました!

映像制作集団PlanBの方々!AVANCA国際映画祭での上映楽しみです!